スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デキる?ソーサラー講座その1・基本編

本日は珍しく役立つかもしれない記事。
これまでソーサラーで色々やってきたことを
自分なりの復習も兼ねてまとめてみたりしたいと思います_(._.)_
新シリーズ『デキる?ソーサラー講座』
それでは、開講!('Д')

ちなみに、超長いです悪しからず^p^


今回は、第一弾ということもあって基礎の基礎、
ソーサラー(ていうか、魔も含めて)の4属性の色々について
実際見たり使ったり聞いたりしたことを元に色々講釈たれてみたいと思います。

基本的にラテールにおいてマジシャン若しくはソーサラーをやっていく場合
水・風・土・火の4つの系統のうちの1つを選ぶのが基本。
2つ以上をやっていくことも出来ますが
仕様上の問題等で敷居がかなり高くなる上に
それでも1系統より低火力なんてこともあるらしいので
やっぱり基本は4つのうち1つを選ぶという形になります。

当然4つあるということは、それぞれに特色があるわけで。
あまり一般的ではないけれど、次のように分けられると思います。

①パワー型
威力・分散係数ともに高いが、CTが長い。
レベルがあがりCTをフォローできるようになってからが本番。

②スピード型
威力・分散係数は低いが、CTが短い。
レベルが低くスキルが少なくてもなんとかなる。

高レベルになるとスピード型のほうが弱そうに見え、
また実際火力も抜かれがちになるわけですが
パワー型は扱いにくいという欠点もあります。
ちなみに、攻撃を切れ目なく延々と続ければ続けるほど
スピード型の火力はパワー型に肉薄し、最終的には追い越します。
もう1つの分け方が以下。

(A)前方攻撃型
自分の前だけを攻撃する。
威力は高め。

(B)前後攻撃型
後ろもフォローできる攻撃がある。
威力は前方攻撃型よりは控えめ。


この①②と(A)(B)を組み合わせると
4属性のそれぞれの特徴も見えやすくなってきます(・_・)

それではこれを踏まえて具体的に各4属性の特徴を挙げてみます。
イチイチ読むのがメンドクサイ場合は一番下だけみてくだしあ;

火(前方攻撃、パワー型)
・威力も分散係数も当たる数もサイキョー!
・CTの長さもサイキョー!
・とにかく一撃必殺。
・あまりに一撃必殺すぎて、Lv110までは火魔法だけでは回せない。
・言い換えれば、スキルが増えてCTをフォローできるようになる
 高レベルになれば弱点が少なくなる。
・史上稀に見る大器晩成型。
・リーチは短め。
・上に強いスキルが4次8次しかない。
 CTの長さもあって、4属性中最も浮遊系の敵を相手にしにくい。
・リーチが短め、1次5次を撃つと後ろに下がる、CTの関係上1次を多用せざるを得ない
 以上3つの理由から、前衛の後ろから狙撃なんて真似がしにくい
・1次5次を撃つと下がることの欠点
 ①段差際で撃つと下に落ちる②ひたすら撃ち続ける場面で間合いを詰なければならない
 ため、攻撃が途切れる③前衛の後ろからの狙撃がやりにくい
・1次5次で下がることの利点
ソロでなら、逃げつつ攻撃ができる
・まとめて一言で言うと、威力はスゴいが扱いづらい。

とにかく長すぎるCTが最大の欠点。
「撃ちたい時に撃ちたいスキルが撃てない!」というのが
火皿の永遠の悩みになるのではないかと思われます。
余談ですが、PvP性能は皿の中では火が最も不利と言われています。
とりあえず、PvPについての考察はまた後日。

風(前方攻撃、スピード型)
・威力、分散係数は低め。
・でもCT短いから連射できるよ!ヒット数も多いよ!
・威力が低い、ヒット数が多い、この2つの特性からKB性能が最悪。
・反面、リーチの長さとヒット数の多さゆえにKBが取れれば敵が近づけずに無双できる
・WWⅡは超便利!風皿ならスキルの威力まであがっちゃう!
・CTが短いため、テキトーなスキル回しでもなんとかなる。
・精霊の流れと相性がいい。でも流れ自体がアレでアレ。
・リーチが長くて後ろに下がるスキルもないので、前衛の後ろから狙撃がやりやすい
・3次はそこそこ、4次はかなり上に強め。
 CTも短いので浮遊系も比較的相手しやすい
・まとめていうと、扱いやすいが高レベルで辛さが出てくる。

スピード型は、後半になると(相対的に)火力が劣化気味になるわけですが
風のリーチとCTはかなり扱いやすい。
特に狩場が隼の城になるまではKBで困ることも少なく
威力に困ることはありません。たぶんね^p^
操作もしやすいため、あんまりレベルの目標を高く設定してない人にもオススメ。

土(前後攻撃、パワー型)
・威力高め、分散も高め、リーチも長め。
・なのにやってる人は何故か妙に少ない。
・世の中では火と風の中間と言われているけれども
 実際使ってみるとパワーを若干抑えた代わりにリーチと扱いやすさを得た火というイメージ
 (個人的感想(笑)
・Ⅱ系スキルがⅠ系よりも攻撃範囲が広くなっているらしい。
・3次の出が遅い。でもカッコいい。
・前後を攻撃できるスキルが皿の中で一番多い。
・上には4次がソコソコ強いらしい。らしい?
性能、扱いやすさともにバランス型

地味にお試しプレイ程度にしか地皿は触ったことがないので
情報は割とてけとーです^p^

水(前後攻撃・スピード型)
・CT短い、威力低い、分散係数低い、リーチ短い、だがtkmk最強
・上級マスタリの効果がソーサラー的にあり得ない
・1次は近接攻撃並みのリーチ、3次は相手を凍らせ、その間PTメンバーの攻撃が当たらない
 などなど、何だか欠点が目立つ
・そもそも水属性は、ヒールとセットという前提で控えめな性能になってる気がする
・だがしかし、上方向への強さは4属性中最強
・Ⅱになると後ろがフォローできたりヒット数増えたりと性能変化が一番大きいかも
・PvPでは4属性中さいきょぅというウワサがある
・アティでよくね?
かわいさ、レアさ、PvP性能、その他tkmkを追い求めるドMなアナタに

水のみは触ったことがありません^p^
実際やってた人の話を聞くに
やっぱり辛いけれども戦えないことはない、みたいな
そういうカンジなんだそうで?
かなりいい加減だけど、やったことないから仕方ない。

短剣スキル
魔法ではないけれども、ソーサラーだって一応短剣スキルが使えます。
Ⅰ系だけだし、筋力もお察しだけれども
転職したばっかりの火とかは短剣ないとスキル回せないですしね!
一応、参考までにスキルのレビューだけ。

☆乱舞系
ダンスダガーから始まるスキル群。
基本的に「多段ヒットの近接攻撃」になっています。
多くが多段ヒット技ゆえにKB性能は低く
更に皿のお察しな筋力等のお陰で
相性はかなり悪めとなってございます_(._.)_
性能で選ぶのなら迷わず投擲系を取るべき!
だがしかし、乱舞系には「カッコイイ」という魅力があります。
どっちを選ぶかは君次第!

☆投擲系
投擲飛刀から始まるスキル群。
乱舞とは逆に「単発ヒットの遠隔攻撃」です。
とりあえずCTをフォローする、という目的で短剣スキルを取る場合
やっぱりコッチが性能的にもあってると思われます。

110を超えて魔法のみでスキルが回せるようになると
性能的には短剣スキルは要らなくなります。
そこら辺をよく考えて、ご利用は計画的に!



長々と綴ってきましたが
まずは第1回目の講義はここまで!
初心者向けなのかセカンドで皿やる人向けなのか
ターゲットがよく分からなくなってきましたが。
次回の講義は
「デキる?ソーサラー講座(風皿編)」を予定しています。
それではまた次回!
スポンサーサイト

theme : トキメキファンタジー ラテール
genre : オンラインゲーム

comment

Secret

No title

こんにちは。
LV1-LV120のラテール育成代行について、詳細はi-ikusei@live.jpまでメールお願いいたします。
お手数ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
出来る限り最安値で、更にいろいろな決済方法により、「安全」「簡単」してお取引していただくことが出来るサービスを提供致しております。☆^▽^☆
プロフィール

ボンボヤジ

Author:ボンボヤジ
ラテールサファイア鯖在住。
嫌いな食べ物はわかめです。

メイン:ボンボヤジ 
両手ファイター
進学希望 
第一:槍魚
第二:ブレイダー

サブ:りるリーチェ 
風皿
元火皿。
メインより活動が活発なサブがいてもいいじゃない。

連絡先
lilheart81@livedoor
.com
@は小文字にしてください_(._.)_

ラテール
©2006 Actoz Soft, All right reserved.
©2006 Gamepot Inc, All right reserved

顧客数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
じゅーくぼっくす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。